見づらいデザインと安全性

ごみ袋を購入したが、サイズと枚数を読み違えてしまい、使えないため、買い直しになった。
30L容量の袋が10枚入った物が欲しかったのだが、10L容量の袋が30枚が入った物を間違えて買ってしまったのでした。

理由は明らかでした。もちろん、自分の不注意もありましたが、それ以上に商品の袋に付いている容量の記載のデザインが、とても読みづらかったためでした。
ゴミ袋文字デザイン画像
この袋の容量は直径20cmほどの黄色のベタの円内に白抜きで記載きされていました。商業デザインをちょっとでも学んだことがあればわかると思いますが、この配色はとても読みにくい。最低レベルと言ってよいでしょう。
ごみ袋の容量は、最も必要な基本情報であり、読みやすさが求められる。伝わらないとダメなのです。

こんな酷いデザインって本当にあるのだなぁと逆に感心してしまった。


コメントをどうぞ