2018年02月01日 なぜ月蝕を見るのか

昨日は皆既月食でした。
自分は公園に行って双眼鏡で観測していました。

単に月が地球の影に隠れるというだけだったら見なくても良いですね。
ですが、月蝕の時には、月が違ういつもとは表情を見せるのです。
普段は月は天の丸い円です。しかし、月蝕の時の月は赤い「球」なのです!

スーパーブラッドムーンという名称だし…

天体の普段と異なる表情を見ることができる!
これは元「子供の科学」読者である、元天文少年にとっては素晴らしい体験です。

現役の天文少年にも是非、この感動を体感してもらいたいと思います。


コメントをどうぞ