2018年09月01日 「取説屋」って知られていない(続き)

2018年9月1日

最終成果物(ターゲット)が印刷物以外の取扱説明書は、印刷会社は受けてなさそうだし、技術文書の作成・リライトを含むものを受けてくれる制作会社を探しても、見つからない。

手元で印刷して、発注してくれた会社に渡すような、数十部~100部程度までの取扱説明書、これは制作して欲しいところはたくさんあるだろうな、と痛感した。


「取説屋」って本当に知られていない。

2018年8月30日

「取扱説明書制作の検索でWebを見た」ということで、都内あてに西日本から電話が来た。

「説明する」という文書の作り方は、日本では教えているところはほぼないし、制作会社もない。
「取説屋」ではなく「マニュアルライター」とか「テクニカルライター」という格好いい呼び方を自称する例が多い。
そして、企業内の1セクションになっている例が多い。
広報・広告とも書き方は違うからなぁ。
2018年08月30日


パスワード入力

2018年6月8日

2018年06月08日 パスワード入力で助けを求められた。
PCセキュリティ関連なら多少の経験もあるので、
聞くと、たしかに入力は正しい。
パスワードは数字のようだ。「念のため」と言って
テンキーからフルキーに変えて再入力してもらう。
通った。

…今どきこんなことってあるのだなぁ。


2018年05月31日 「安全」とは

2018年5月31日

 

ISOの定義(ISO/IEC GUIDE 51:2014)では「許容できないリスクがないこと」となっている。

実に興味深い。

武術や水術から見ても面白い定義です。
今の自分のテーマは言語化だなぁ、と実感。

 


取説屋は「技術」の説明屋

2018年5月16日

2018年05月16日 取説屋の話と絡めて。

「取扱説明書」とは、「操作手順書」「使い方の栞」「かわいい使い方ガイド」とは違う。

使い方以外に「安全について」「メンテナンス」「仕様」「FAQ」「連絡先」も書く。それでこそはじめてその製品の「取扱」説明書だと考えているからです。
そういった「取扱説明書」に関することが一般認識では言語化されていません。上記の手順書・栞・ガイドと違うということが言語化されていません。

身体の使い方を言語化して伝えられれば、水に浮くことだってできます。
技術を言葉にするのが「取説屋」でありたい、と自分は思っています。


2018年05月08日 折り畳みテーブルを作った

2018年5月8日

おはようございます。
部屋を整理していたらべニア板が出てきたので、脚を先日購入して本日届きました。
早速に組み立てた。

脚の位置を決めて木ネジ4本づつで止めて、ぶつかると痛い板の角を落とす。
1時間ほどで完了、簡単。

ニトリなどで買う方が安いかもしれないが、板を捨てるのはもったいない。無駄にならなかったし、愛着がわく。
上から、組み立て前、完成した座卓裏面、完成した座卓。

折り畳みテーブル 組立前部品

折り畳みテーブル 組立前部品

折り畳みテーブル 組み立て終了時裏面

完成した折り畳みテーブル

完成した折り畳みテーブルの画像

かわいがってやりましょう。


2018年02月01日 なぜ月蝕を見るのか

2018年2月1日

昨日は皆既月食でした。
自分は公園に行って双眼鏡で観測していました。

単に月が地球の影に隠れるというだけだったら見なくても良いですね。
ですが、月蝕の時には、月が違ういつもとは表情を見せるのです。
普段は月は天の丸い円です。しかし、月蝕の時の月は赤い「球」なのです!

スーパーブラッドムーンという名称だし…

天体の普段と異なる表情を見ることができる!
これは元「子供の科学」読者である、元天文少年にとっては素晴らしい体験です。

現役の天文少年にも是非、この感動を体感してもらいたいと思います。


2018年1月12日 AIスピーカーの前に写真立てを!

2018年1月12日

AIスピーカーの前に写真立てを付けるというのを、先ほどの投稿を書いている最中に思いつきました(笑)。
これはすぐにやってください>PC周辺機器関係者の方
内緒ですが、このスピーカーの前の写真に「どら●もん」の絵を置いて、そのスピーカーの名称もそれなりにすると使いやすくなるのでは(笑)と思います。

もちろん、家族やペットの写真を置くというのも基本です。

それをそう使い方のガイダンスでアピールしてやれば、使い方がイメージしやすいはずです。

あと、追記です。
なお、絶対にやってはいけないのは「ドロ●ジョ様」とか「ザラブせいじ●」の画像を置くことです。どんな嘘をスピーカーが言い出すかわかりません。
これは取説屋としての注意です。


2018年01月12日 「AIぬいぐるみ ばゆのん」誕生秘話

2018年1月12日

サンプルページ「AIぬいぐるみ ばゆのん」の誕生秘話です(笑)。

家の中で妻と「うちのぬいぐるみは無口だから」といった馬鹿話を時々しますが、それならいっそのことAIスピーカーを内蔵した商品を
作ったら面白いんじゃないだろうかと思ったというのがそもそもの発端です。
やっぱり、ごついスピーカーに向かって話しかけるのより可愛いぬいぐるみに話しかけると返事してくれる方が話しやすいよなぁ、と。
あ、「AIのあるぬいぐるみ」は「あい→愛のあるぬいぐるみ」と言えるという駄洒落も思いついたと言うのも秘密ですが…えい、開発秘話だ。

もちろん、開発には電源とか耐衝撃性能が段違い(笑)に求められるとか、何よりコストといった技術的側面はあるでしょうが、そういうのは日本は得意だろう。

毎朝一回おはようをぬいぐるみに言うようにしておく。
それがないと「何かあった?」と話しかけてくれる。
ドアの開け閉めもカメラで見ていれば「出かけたかな?」くらいの判断もする見守り機能とかすぐに思いつく。
スピーカーに向けて話しかけるのはでは特に高齢者ではやりにくいだろう。


2018年01月09日 新規サンプルページを修正

2018年1月9日

サンプルページ(「介護サービスAIぬいぐるみ ばゆのん」)を
修正しました。

やったのはたいしたことでは無くて、見出しを
大きくしたのとトップページのイラストや
説明図を大きくしました。
ちょっとはビジュアル的にしないと、ね。
直リンク
http://torisetuya.com/price/img/AIBayuSample20180109.pdf