日本語は平仮名だけではあかん。その2

2021年12月6日

先日の鉄道内の切り付け事件のニュースを見ていて
「怖いなぁ、護身のためにめんぼうでも持って歩くかな、あれなら持っていてもお巡りさんに止められることもないだろうから」と言ったら、「あんなものどうやって護身に使うの?」と妻に真顔で聞かれた。
「え? 警棒と同じじゃん」と言うと、びっくりされた。
しばらく話してみてようやくわかった。
自分の話した「麵棒」を妻は化粧品の「綿棒」と聞いていたのだ。
…そりゃそうだ。いかんせん綿棒では戦えません。
前回に引き続き、日本語は平仮名だけではだめですよ、というお話でした。


気合と根性!

2021年11月25日

今まで使っていた言葉をちょっと変えてみることにした。
意味のない言葉であることは、自分に対しての力を出せという「えい」というのと同じだ。

さて、今まで使っていた言葉はこんな感じだ。
こん畜生、クソッタレ。
大体、自分で失敗して自分に向けて使っていた汚い言葉だが、人に不快感を与えるのはよくない。
意味がないというのが同じなら、言っている人間が馬鹿だというこはどうせ変わりやしないのだから、「気合と根性」というように変えることにした。
ま、やってみるか。
気合と根性!

できているかどうか、皆様、温かく御見守りください(笑)。


「継続は力なり」の数学的説明

2021年11月17日

練習・稽古を数学から考えてみた。
突然の話で申し訳ないが、ふと思いついたネタです。

スポーツの練習、武道。武術の稽古は初めが一番つらい。
なんといっても、全然成果が見えないからだ。

ここで、昔いたゲームメーカーのシミュレーションのようなパラメーターを考えてみよう。

パワー,スピード,体力,攻撃力,防御力
  
こんな数値となると思う。
どういうデザインをするかにもよるが、仮にトレーニング開始時のパラメーターで
「総合戦闘力」が100になると仮定する。

そして、1回の練習・稽古で0.3%の「総合戦闘力」がアップするとしよう。
はっきり言って、この程度だと、練習・稽古した人は、強くなった実感が感じ取れないだろうと思う。なんせ自分がそうだったから。
勘が良い、センスが良い人だと0.5%の可能性もある。
しかし、やはり1回では


「通り魔」の呼び名を変更しよう!

2021年11月12日

以前、暴走族対策として「珍走団」と呼ぶというのがありました。
昔、通っていた警視庁二輪指導センター(通称:砧)や板橋区の二輪講習では、一般参加者の雑談では「あのへたくそども、暴走なんてできてねぇよな、珍走くらいがぴったりだ」と嘲われていました。まぁ、一般のライダーは珍走団と一緒にされて迷惑をこうむっていましたから嫌っていたので馬鹿にしていたのだろうと思います。

さて、現在、小田急線や京王線、新幹線などで「誰でもよいから弱い奴を傷つけたい」という事件が相次いでいるが、あれも「通り魔」とかいうカッコ良い名前より、自分がなりたくないような名称を設定してやるほうが良いのではないでしょうか。

できれば、もっと情けなくてショボい名称で、そう言われたくないなという呼び方を考えた。

誰でも切り付けのぱーぷー
という呼び名を考えました。
これは、無差別切り付け犯という意味を変えず、音が格好悪く、発音の拍子が良い呼び名を考えました。
ショボい名称というのも難しいですな。

マスコミやサイトの方へ
ああいった刃物振り回しをやる連中について「通り魔」や「辻斬」といったカッコ良い名称ではなく、自分がそんな名前で呼ばれたくないようなカッコ悪い名前で呼ぶようにしていただきたいと思います。
恥ずかしい、やりたくないと思うようにする一助になってくれればと思います。

人権としてそんな名称はどうかという意見もあるかもしれませんが、それよりもは無差別犯になりたくないというように思い、犯人にならなければそれが最善の解です。


公園での稽古

2021年10月28日

ご近所の児童公園でちょっと身体を動かしていたら、公園に自転車で遊びに来た 男子小学生に「何をしているんですか」と尋かれた。
「型稽古ですよ。」と正直に答えたが、こういうことを尋かれると、なぜかとても嬉しい。
あと、昨日の忘れ物は公園の管理課に連絡したが、そのままではただ消えただけになってしまっていたので、公園のベンチに貼り紙をしてきました(笑)。
ベンチの貼紙


ヘルメットの忘れ物

2021年10月27日

練馬区の小竹遊園に朝稽古に行ったら、自転車用ヘルメットの忘れ物があった。
携帯から、園内の看板の番号にあった区の公園管理課に連絡したが、名前もないし連絡がつくのだろうかと思った。
元の持ちの手元に戻ると良いなぁ。


勉強と学問の違い

2021年10月22日

日本の小学校から、高校までは「勉強の成績」というのは「勉強ができるか、良い点が取れるか」を指し、「学問」とか「研究」といった「学者の研究活動」とは違うのだな、ということを雑談をしていて気がつきました。
ネットの用語が入りますが、学者は極論すれば、対応する学問の究極のマニア、オタクです。

それに対して、勉強というのは学問の入口に至るまでの基礎トレにあたる学習です。

例を挙げます。
・九九を覚えていないと、数学の入口にも入れないです。
・「水平リーベ僕の船…」を覚えないと化学の入口にも届きません。

まだ、まとまっていませんが、忘れるともったいないなと思ったので覚書です。


有線LANデバイスお譲りします

2021年10月20日


現在のPCでの使用はなくなったので、有線LANデバイスをお譲りいたします。
ただ、直接の手渡しができるか、配送料の分、コーヒーくらいおごって頂けると
うれしいなと思います。
ご連絡は下記のメアドにお願いします。

●P0C用HUB
 Buffaalo LSWW-GT-5EPL/BK
 PLANEX FXG-D5IM

●LANケーブル
黒 300cm
グレイ 200cm
オレンジ 110cm
水色 110cm 2本

————————————————————
ryo3pak@gmail.com

取説屋:石井ライティング事務所
石井 宏治
————————————————————


水かきで泳ぐ

2021年10月15日

畳の上の水練どころか、ふとんのなかて「背浮き」の稽古をしていたら、突然足の裏まで徹った。
信じられなかった、長年に渡ってなんか詰まるんだよなーこれ、と悩んでいた感覚が徹った。本当にこんなこと起きるんだなぁと感動した。

ついでにおまけ
ジョークだと思っていた江口先生の言葉「手足に水掻きが張るからそれで泳げ」はマジだった。
徹ると水掻きの感覚が発生し、それを使える、ギャグとしか思えなかったし、説明もできないが、超重要な感覚だ、秘伝かもしれないとも思う!


失敗したかな>トイレ突っ張り棒

2021年10月7日

どうも、安全性に問題があるので、突っ張り棒でなく安全な手すり等のガイドを設置すべきなのだなと考え、その対応については後日掲載予定ですが、なにより、いろいろな人の意見が聞けたのが大変興味深かった。
実際、現在は賃貸住宅に居住しているため、工事して設置することはできないのだが、結果として問題点がいくつか見えた。

●賃貸住宅で工事せずに設置できる置き手すり等のガイドがいまいち高価
 しかも、情報も少ないためどのような商品を使うべきか悩む。
●こういったアイテムを設置する際に誰に相談すべきかわからず悩む。
 自分の場合は皆様の意見がいただけたので、参考になりましたが、
 こんな良い環境の人は少ないでしょう。

 ただ、以下のことだけは書いておきたいです。
 今回は失敗であったにしても、やっいみて、それを書いたということは
 大変良かった、ということです。
 やってみての失敗、今回は撤去しての交換になったとししても
 やらずに「立つのがつれぇなぁ」と脳内でぶつぶつ言っている
 よりはるかに良い結果だということです。
 皆様の意見が聞けて、改善の方向性をつかむことができました。
 ありがとうございました>コメントいただいた皆様