中小企業 新ものづくり・新サービス展に参加

2019年12月5日

中小企業 新ものづくり・新サービス展に参加してきました。
イベントで「ものづくり」の人に「取説屋」の存在をアピールしてきました。
ただ、自分は個人営業なので、東北・北海道・九州・四国はちょっときついかも。

でも、「取扱説明書を作ってもらえるんですか」「ドキュメンテーションは助かります」というコメントはうれしかった。
良い縁がつながるといいなぁ。
新ものづくり・新サービス展 入口写真
新ものづくり・新サービス展館内写真


取扱説明書サンプルに英語版を追加しました

2019年12月4日

公開させていただいている取扱説明書サンプルに英語版を追加しました。

http://torisetuya.com/sample/muroi/MuroiGaikou64414484.pdf

また、サンプルページにトップページ画像も追加しました。

http://torisetuya.com/sample/index.html


普段も身体を鍛えないと

2019年11月28日

昨夕は東武東上線へのメトロ直通がなくなって、大混雑。
池袋から有楽町線も乗れないほどであったようだ。

その結果。
自分は小竹向原駅から江古田駅まで950m(Google Map)を
走って移動するはめに。
約1kmか。よくもったな。
身体は鍛えておかないとな。


窓に結露防止(プチプチ)シートを貼った

2019年11月25日

WindowSheet


窓に対結露防止(プチプチ)シートを貼りました。
目的は、対結露というよりも、窓ガラスから出ていく
熱を防ぐためと防音だったのですが。

事前に調べて、厚さ7mmの水貼りできるプチプチを
貼ったところ、驚くほど効果抜群。

暖房器具を一切使っていない本日の室内気温で22℃
ちなみに居住区の外気温は16.5℃でした。
2重窓にするのは大変ですが、これはマジおすすめ。

なお、厚さについては一般的な4mmのものに比べて
効果が大変高いので7mm厚がおすすめです。


産業交流展2019に行きました

2019年11月20日

産業交流展2019に行ってきました。
産業交流展2019
金属や加工、組み立ての工業のブースを回る。
化学・化粧品・医療・環境・ファッションなど
いろいろ苦手があるので。
ただ、加工などでは受注型の会社が多く、取説屋では
対応できかねるところも多かった。

しかし
「取扱説明書ってどこで作ってるのかと思いました」
「取扱説明書って作ってくれる所あるの知りませんでした」
「取扱説明書ってできるところがあるとは」
「どこも取扱説明書の作り方教えてるところ知らない」
こんなコメントばかりでした。
30年前なら「デザインなんてやってくれるやついねーだろ」と
デザイナーさんが言われていたと思ったのですが>取説屋

しかし、会場は結構広かった。名刺も使い切った。
良い縁がつながるといいなぁ。


「台東区産業フェア」「東京くらしのフェスティバル 2019」に行きました

2019年11月1日

「台東区産業フェア」に行ってきました。
台東区産業フェア
ファッション・医療・化学は得意で無いので、御挨拶
できたところは少なめでしたが、新しい縁のつながり
がではると良いですね、サンプルを少し配らせて
いただいて、名刺交換もさせていただきました。
同時開催の「東京くらしのフェスティバル 2019」も
こちらでは、何人かの知人に御挨拶できてうれしかったです。

どちらでも「へぇえ、取説屋ってあるんですか」と
言われます。困ったことです。
ライバルが少ないのは良いのですが…


自分の身を守るということ

2019年10月7日

夜に自転車で走っていたら、道幅いっぱいにリードを広げて小型犬の散歩しているお年寄りの女性に遭遇した。
自分は自転車のライトを点灯して低速で走らせていたし、さらにヘッドライトも点けていたので、女性から認識されて「あわわわ-」と言われたので、リードの寸前で停止できたが、危なかった。あと10㎝だった。

夜に小型犬を散歩すると、本当に見えにくい。
今は、首輪とかリードが光るようにするものも出回っているのだから、積極的に活用してほしい。
交通で自分の身を守るためには、自分が認識されることが一番なんですよ。


QRコードで取説を

2019年9月24日

商品にQRコードのシールで取説のPDFの
アドレスを貼り付ける提案をしたら、
「こりゃ便利だ、ありがたい!」と言っていただけた。

取扱説明書といっても設置方法からメンテナンス・廃棄
や保証やFAQを含むフルセットのものではなく、操作
説明書だけの短い抜粋バージョンだけど、「ここでは
その方が良い」と。

シールはPP加工してちょっと濡れても平気。
これにも驚かれた。

ちょっとうれしい(喜)。


「取説屋」とは品物の言語化

2019年9月17日

自分の身体をコントロールする方法を伝えたい。
だが、自分の言葉にすると…なんと!

「伸びる」のは「伸し」であり、「開く」のは「平泳ぎ」である!
これに「浮き身」「あおり足」「抜手」が加わる。
これらは、全て亡母と向井の江口先生に習った日本泳法の動きです。

「取説屋」の仕事とは品物の扱いの言語化です。
自分の身体の使い方も言語化できないでは、対象の品物について言語化できるはずがないではないか。
コミニュケーションの基本技術だが、まだまだ奥が深い。がんばろう。


授業で使ってもらえることに!

2019年9月6日

なんと、授業で使ってもらえることに!

自分の書いた文章が、小学校四年生の授業にですよ!

しかも、わかりやすい文章と先生に言われました。

本当に嬉しいです。

【わかりやすいマニュアルの作り方】第163回広告と取扱説明書の違い