自転車管理の習慣

2022年10月3日

妻の自転車のリアタイヤの虫ゴムが寿命で駄目になり、エアを入れても直ちに抜けてしまうようになり、困って自転車屋に行って交換してもらった。
トラブルはそれで解決したのだが、問題は鍵のことだった。
自転車キーが玄関のキーケースに見当たらない。10分近く探したが、見当たらない。

はて、と思って妻に確認すると「差したまま」と言われた。自転車置場で確認すると、たしかにそうだった。
大変に驚いた。

もちろん、自転車置場から自転車を持って行こうにもリアタイヤのエアは完全に抜けていて乗って走ることも出来ないし、家の周りはそんなに人通りも多くはないから泥棒もいないだろうとは思う。

地方在住者の自家用車に対する感覚と、都会在住者の自転車に対する感覚は似ている。自分は自転車から離れるときにキーを抜き忘れると言うことはない。習慣化しているからだろう。
意外だった。


書籍の文字起こしソフト

2022年9月28日

最近、音声読み上げアプリを使っている。
主にサイトのニュースを合成音声で読み上げさせているのだが、
ふと、思った。

紙の本をページ単位で撮影し、テキストデータ起こしして
読み上げてくれるアプリはまだないのかな。

スキャンやカメラ画像からのテキストの文字起こしも音声合成の読み上げもあるのだから、技術的には可能だろう。
むしろ、著作権法が問題なのだろうか。

書籍の自動文字起こしソフト、できたら日本ではものすごく売れるだろうな。
カメラではなく、音声で文字起こしすることはできている。
書籍の面白さは、本文だけで無く、レイアウトやイラスト、漫画といった
ところもあるから、紙の本はそう簡単には廃れないだろう。
しかし、書籍資料といった実用書はスマホなどで聞く、という方法もあると思う。


ページ先頭の す。

2022年9月19日

タイトルは伏せますが、文庫でライトノベルを読んでいると、とても気に障ることがあった。

>タイトルは伏せますが、文庫でライトノベルを読んでいると、とても気に障ることがあった。

>ページ先頭の す。

これだけで、昔から出版業界にいた人にはわかるだろうが…
そう、それです。
それが「す。」と「だ」」と、2箇所もページ先頭に。
さすがに直後に改ページの空白ページではなかったが、思わず「編集は何しちょんねん!」と心の中で呟いてしまった。
もちろん、小説なので、ページ組みと作者の文章の調整が手間なのはわかるのだが、それが仕事じゃろぅが!と思ってしまった。
もう、古臭いじじぃなんかな>自分

これだけで、昔から出版業界にいた人にはわかるだろうが…
そう、それです。
それが「す。」と「だ」」と、2箇所もページ先頭に。
さすがに直後に改ページの空白ページではなかったが、思わず「編集は何しちょんねん!」と心の中で呟いてしまった。
もちろん、小説なので、ページ組みと作者の文章の調整が手間なのはわかるのだが、それが仕事じゃろぅが!と思ってしまった。
もう、古臭いじじぃなんかな>自分


登山用ヘッドライトで読書

2022年9月9日

登山用ヘッドライトで読書ネタです。
今日は病院に行きました。
病院では待たされることが分かっていたので、書籍を一冊持って行ったのですが、視力が落ちてからちょっと暗いと読みにくくなって困っていました。そこで登山用品のヘッドライトを読書用のライトとして持って行くことにしました。
スマホやタブレットなどで読むものを持って行ってもよかったのですが、手持ちのタブレットではあまりにも電池の持ちの時間が短くて使えない。これに対して登山ヘッドライトは数時間ぐらい持つと表示されているので病院での待ち時間の読書ぐらいには十分だろうと考えて持って行くことにしました。

写真のLEDヘッドライトを持って行って本を読んでいたのだですが、診察室に入った時にお医者さんに「その頭、どうしたんですか?」と不審そうな顔で尋ねられました。
「ああ、これは本を読むために使うんですよ」と答えたら、「あっ」という顔をして「それは明るくなって便利ですねぇ」と言われました。
登山用のヘッドライトは視線方向に照明が向くので、読書には適しています。ちょっと面白いので皆様にも推奨します。
ただひとつだけご注意。
ヘッドライトは100円ショップでも売っていますが、多少高くても登山用品の専門店で買ったものを使用した方が良いと思います。見かけはよく似ていても命がかかったところで使用する製品ですから、使い勝手が全く違います。
コメント0件


介護の技術と武道・武術の共通性

2022年9月6日

介護の技術について、意外なことに気付きました。
今回は具体的に介護をしていたわけではなく、近所の駅までの妻の荷物持ちをしつつ、手を取って歩いていました。
ところが、足元がちょっとぶれた時点に身体が自動反応して、手首の逆を取って極めかかっていた。幸い、手首を極めるには至らず、緩めることはできたが、危ないところだった。
「むぅ」と想いつつ他のサイトを見ていると、介護のサイトに以下のように書いてあるのに気がついた。
「介護で一緒に同伴して歩く時は、肩か肘をつかみましょう」

こ、これは…
介護の技術としてはこうすればたしかに手首などの関節が極まることが無くなる。武道・武術と同じ技術の考えの裏だにあたるものだ。
驚いた。こんなこともあるのだなぁ。感心。


AMラジオの電波雑音対策

2022年8月29日

同じメタルラックにIH炊飯ジャーとAMラジオを搭載したラジカセを置いて使っていた。
しかし、炊飯を開始すると、かなり大きな電波雑音が発生し、ザザーッという雑音に悩まされていた。
これは故障ではなかったし、配置を換えることも出来なかったので困っていたのだが、「あ、これは電波雑音か」と気がついたので対策を考えつきました。
簡単に言えば、IH炊飯器から発生した電波雑音をラジカセに届かない様に遮断すればよい。そのためには金属製のプレートをラジカセの下に入れれば良い。
具体的には手近にあったて使っていなかったオーブンの鉄プレートを入れた(アルミホイルを敷いてもよかったと思います)。
結果は大成功☆!
ほとんど雑音かなくなりました。
技術的方法で解決出来るとなぜかとても嬉しいです(^-^)。


LED人感センサーライトを設置

2022年8月26日

室内に新しくLED人感センサーライトを設置した。

商品:ライテックス 27Wワイドフリーアーム式LEDセンサーライト LED-AC1027
モノタロウの商品ページ
https://www.monotaro.com/g/04292754/
昼光色,27W,2200lm(200Wクリプトン電球相当)と結構明るい。

前回も書いたが、台所に人感センサーライトを設置し、スイッチ操作が
不要になったら、スイッチ操作は大変に面倒だったのだと改めて感じた。
「それぐらいのこと」と言われるだろう。
たしかに仏壇にろうそくの灯をあげるのに比べれば、大変に楽だが。

だが、やってみると消し忘れの心配がないのはとても気が楽だ。
もちろん、点けっぱなしに設定も可能だ。

電球から蛍光灯に切り替わったときに、照明器具が変わったが、
節電の効果も大きいが、こういう点から切り替わっていくのかもしれないと思った。


見づらいデザインと安全性

2022年8月25日

ごみ袋を購入したが、サイズと枚数を読み違えてしまい、使えないため、買い直しになった。
30L容量の袋が10枚入った物が欲しかったのだが、10L容量の袋が30枚が入った物を間違えて買ってしまったのでした。

理由は明らかでした。もちろん、自分の不注意もありましたが、それ以上に商品の袋に付いている容量の記載のデザインが、とても読みづらかったためでした。
ゴミ袋文字デザイン画像
この袋の容量は直径20cmほどの黄色のベタの円内に白抜きで記載きされていました。商業デザインをちょっとでも学んだことがあればわかると思いますが、この配色はとても読みにくい。最低レベルと言ってよいでしょう。
ごみ袋の容量は、最も必要な基本情報であり、読みやすさが求められる。伝わらないとダメなのです。

こんな酷いデザインって本当にあるのだなぁと逆に感心してしまった。


時代遅れのアイテム

2022年8月15日

家電量販店にE24コネクタに白熱灯をつけるクリップライトを購入しに行った。
目的はさすがに白熱電球ではなく、人感センサー付きLEDライトを装着することであったが、手に入らなかった。
理由は「そちらは、もう時代遅れの製品なのでもう弊店では扱っておりません。」であった。まあ仕方がない。
とはいえ、自分の提案した商品が時代遅れだと店員さんに指摘されるのはちょっと口惜しいものがある。
ううーむ。


2022年08月08日 すべてがつながった

2022年8月9日
先日、頭の中で、突然「安全」をキーワードにすべてが自分の中で一つにつながりました。
・日本泳法を初めとする水関連
・バイクのライディングトレーニング
・中国武術、日本武道といった武術・武道
・取説制作といった仕事
・技術への興味、SF好き、軍事への興味(ミリオタ?)
・新しく習慣にした、声出し確認
これらが突然一つに繋がりました。。
繋がった直後は「なんだこれは?」と大変びっくりしました。今は、ようやく落ち着いてきましたが、うれしいかぎりです。
なお、ここで言う安全とは、自分だけの安全ではなく、安全の最大化も含めての事象です。興味が尽きることはありません。
ライダーとしては免許を返上しましたが、大型自動二輪免許をとったりと練習や努力は嫌いではありませんが、正直、なんでこんなことしているのだろうというのは自分でも長年疑問でした。
そう、安全は幸せに直結しています。
だから、なんとしても守り通さなければなりません。
安全は、予防が最善の方法です。
遊泳禁止区域で海水浴なんて、論外です(水関連は厳しくなります)!
もちろん、スリルを楽しむエンターテイメントが有るのはわかりますが…安全なことが確実なホラー映画、ウォータースライダーか、ジェットコースターまでにしておかせて下さい。
さらに一晩休んで考えたのですが、自分は技術的には武術も、ライディングも、泳ぎも大好きです。もちろん、武道・武術で強くなることや、バイクで速く走れる様になることは最高です。でも、自分が目指しているのは日本一の速さ、強さではなかったのだと納得できました。
GPライダーやトップアスリートは自分は目指していなかったのです!
トップを目指さないなんて、弱虫のヘタレの言い訳だと言われるかもしれませんが、、こういう奴もいるのだと、知っていただきたいと思って書かせていただきました。
なお、逆に言うと、安全への繋りが見えない、事務・経理やお金儲けが自分には苦手なのだなとも理解できました、と言い訳も着けておかせていただきます(笑)。